サンドペインティングはカラーサンドを器に落としながら絵や模様を描いて行くグラスサンドアートの技法です。歴史は古く、主にアメリカインディアン、ブラジル、ヨルダンなどで盛んなようです。

特にヨルダンでは旅行者のお土産品として人気があります。インターネットでサンドボトルと検索すると沢山ヒットします。

ここではこれらのプロの職人でも驚くような、他を圧倒する高い技術のサンドペインティングをご紹介します。

  

 絵具などで描いたよう見えるため、砂を貼り付けて描いているように見えますが、実際は砂を落としながら製作しています。

 この作業とサンド独特のぬくもりが味のある作品を 生み出します。

 

      JSPA(一般社団法人 日本サンドペインティング協会)が普及を目指しているのが、
      ベトナム発のサンドペインティングです。


      オリジナル画像と作品を見て頂くとその技術の素晴らしさを理解できると思います。

    サンドペインティングは肖像画を描くだけでなく、自然の風景やグラスを利用したオブジェなど、広い範囲で楽しむことができます。

 

contact_txt